忍者ブログ
2017 08
≪ 2017 07 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



CL(11/3)の結果

FCバイエルン - FCボルドー 0:2 (0:1)

FCバイエルンは、チャンピオンズリーグ予選グループ敗退の危機に陥った。ホームでフランスチャンピオンのFCボルドーに0:2と敗れた。これにより自力での16強進出が消滅した。ボルドーは逆に、グループAの1位として、決勝ラウンド進出決定。ユヴェントスは1:0と勝利を収め、ベスト16に向けてグループ2位を堅守した。

完売のアリアンツ・アレーナの6万6千人の観衆の前で、ヨアン・グルキュフが前半37分にFKを上手く合わせて、驚きの先制弾を決めた。バイエルンは後半、同点の機会があったが、活かすことができなかった。試合終了前にカウンターからマルアン・シャマフにゴールを許し、CLの予選グループでは5年ぶりとなるホーム敗戦を喫することになった。

ファン・ハールはダニエル・ファン・ボイテンとトーマス・ミュラーの出場停止により、彼の先発メンバー変更を強いられた。ファン・ボイテンの代わりには予想どおりにマルティン・デミチェリスが出場、同選手はカップ戦初戦ネッカーエルツ戦以来のスタメン出場となった。ダニエル・プラニッチがミュラーの代わりに左サイドハーフとして出場。ツートップにはボルドー戦の第1戦と同じくルカ・トーニとミロスラフ・クローゼが入った。ボルドーのローラン・ブラン監督は逆に2週間前に2:1と勝利したときのメンバーを起用することができた。

試合開始から2分も経たぬ間に、バイエルンがもう少しで先制点を決めるところだった。エドソン・ブラーフハイトのクロスをキーパーのセドリク・カラッソがゴールバーへとコースを変えた。これが長い時間帯、唯一の危険な場面となった。バイエルンは攻撃の際に、リスクをおかすことを避けて、再三に渡り自陣で横パスをすることになった。ボルドーに危険な場面が訪れることはなかった。唯一の例外はブラーフハイトのFKで、ボールはゴール上へ。

ボルドーがこのゲーム、必要以上にリスクをおかすことはなかった。フランス人は集中したディフェンスをしていて、センターサークルを超えてくることは稀だった。そのなかでも前半32分、FCBに先制の機会が訪れた。カラッソが隅に放たれたシュヴァインシュタイガーのFKを華麗にセーブした。カラッソの味方がボールをクリアできなかったところに、クローゼがシュート、しかしながらミヒャエル・シアニがラインの前でクリア。しかし、手を使ってのクリアとなった。だが、ペドロ・プロセンカ主審がこれに対して、PKを与えることはなかった。

ファン・ハールのイレブンの不運はこれで終わったわけではなかった。センターサークル付近からのFKの場面で、マルク・ファン・ボンメルは彼のマークであったグルキュフを目から離すことになった。ボルドーの同司令塔はゴール手前6メートルからヘディングシュートを決めて、1:0(37.)。このスコアとともに両チームは後半に突入することになった。

ロッベン投入で新しい勢い

バイエルンはクローゼに代えて、アリエン・ロッベンとともに後半に突入、そしてバイエルンの攻撃がより活性化することになった。シュヴァインシュタイガーのパスからトーニが後半開始2分に同点のチャンスを得ることになった。しかし、ゴール前でフリーの同イタリア人はチャンスを活かせずにいた。マルク・ファン・ボンメルは後半7分にペナルティーエリアに突入、シュートレンジのときにブロックにあった。

ファン・ハールは1時間が経過した後、ブラーフハイトに代えて次のジョーカーであるマリオ・ゴメスを投入した。バイエルンは引き続き、テンポを上げていった。左45度の角度からのロッベンのシュートは右ゴールポストをわずか数センチずれた。直後にはカロッソがゴメスの縦パスをクリアした。

バイエルンは引き続き同点ゴールを目指した、しかし、試合終了までにゴールチャンスになることはなかった。ボルドーは悠々と勝利を飾り、試合終了間際にはヨルク・ブットとホルガー・バドシュトゥバーの連係ミスからマルアン・シャマンが追加点を挙げることになった。

ルイス・ファン・ハール(バイエルン・監督):「われわれのベストゲームとはいかなかった、しかし、チャンプオンズリーグではベストの状態でなければいけない。われわれは規律を守り、チャンスをあまり許さず、多くのチャンスを作った、しかしゴールが決まらなかった: そしてそれが一番大切なことなんだ。そのほかは、試合を決めるのは本当に小さなことなんだ。ポスト直撃、ハンド、FK。われわれは戦った、しかし勝つことができなかった。われわれはまだ敗退していない。まだ小さなチャンスがある。しかしボルドーの結果に左右されることになる。」

マルク・ファン・ボンメル(バイエルン・キャプテン):「始めの1点は自分の責任、あれはあってはいけないことだ。われわれは先制しなければならなかった、クローゼのシーンではPKの判定があってもいいところだ。われわれは後半、いい反応をみせ、全てを試みた。われわれは相手を制していた、だから、ゴールを決めなければならなかったんだ。われわれは3,4回と得点機があった、しかし得点にすることができなかった。まだ終わっていない、まだ2試合ある。われわれが勝てば勝ち点10ポイントになる。しかし、難しいことだ。」


FCバイエルン: ブット- ラーム、デミチェリス、バドシュトゥバー、ブラーフハイト(59.ゴメス)- ティモシュチュク、シュヴァインシュタイガー、ファン・ボンメル、プラニッチ- クローゼ(46.ロッベン)、トーニ
ベンチ: レンジング、オットル、ゲルリッツ、バウムヨハン、アルティントップ

FCボルドー: カラッソ- シャルメ、シアニ、プラニュス(84.サネ)、トレムニアス- フェルナンド、ディアラ- プラシル、グルキュフ、ヴェンデウ(68.ジュシエ)- シャマフ

拍手[0回]

PR


この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字






この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
片霧烈火のにゃんこっこアワー☆りあらいず!
[09/24 Ali]
[09/24 Ali]
[04/04 kcingnar]
[04/04 N-Kobayashi]
[03/01 kcingnar]
HN:
kcingnar
性別:
男性
趣味:
サッカー